お問い合わせ

mail:

 info@g-voice.biz

 

TEL: 090-4684-6189

 株式会社G-VOICE

 

2011年12月28日 小杉奈緒 ninigi

2011年も、もう終わり。

終わってみると、いつも、あっという間ですが、

2011年の1月というと、一年前なのに、

遥か、とおい遠い昔のような気がします。

 

様々なことがあったと思います。

本当に、様々なことがありました。

それぞれの想いがあります。

各々の胸に、刻み込まれた、2011年の日々。

その一年も、もう終わりを告げようとしています。

 

芸術村の広場に降り積もった 一面の雪。

そして、ひらかれた青い空。

北陸、金沢の地の冬としては珍しい、

清々しい一日の始まりでした。

まっさらな会場に、機材が次々と運び込まれ、

準備は着々と進みます。

 

多くの方が、この一つの空間を、

一人一人の手で、作り上げていきます。

 

美しい一瞬、一瞬の、積み重ねです。

 

 

 

 

椅子も並んで、リハーサルも順調。

本当に、多くの方に支えられて、

この一つの空間は、成り立っています。

 

 

寒い中で、みなさんをお待たせしてしまい、

本当に申し訳ございませんでした。

 

多くの方々に囲まれて、

このライブはスタート。

 

私たちは、この日を迎えることができて、

本当に嬉しく思います。

 

ninigi と書いて、ニニギ と呼びます。

日本のかみさまの一人で、

アマテラスのお孫さん。

 

日本は、天上と、黄泉の世界の間にある、

「豊葦原の中つ国」

と、呼ばれるのですが、

ニニギは、初めてこの

豊かに葦が生い茂る国に

降り立ったカミサマだとされます。

その正式名称は、

「アメニギシ クニニギシ 

  アマツヒコヒコ ホノニニギ」

 

 ながっ!

 

天も、国も、賑わっている。

 

天と地を、つなぐカミサマ。

 

応援し、足を運んでくださったみなさま、

支えてくださったスタッフ、

出演者のみなさんで、

立ち上げられた、「ニニギ」という瞬間。

 

 

この賑やかな瞬間が、

どうか、天まで届きますように。

 

そう、願いました。

そして、穂のニニギは、

稲穂のカミサマでもあるのです!

 

当日は、里山・木滑の耕作放棄地を再生し、

無農薬・無肥料で、育てた

自然の恵みの「山笑米」も登場。

 

唄を歌い、稲穂が実って、

大地が賑わう。人も、山も笑う。

 

そんな国でずっとあってほしいと思います。

そして、28日発売の、

アルバム「ninigi」をご購入いただいた皆様、

ありがとうございました!

 

本当に、みなさまのおかげで、

この日を迎えることができました。

応援してくださったみなさまに、

心から感謝申し上げます。

 

寒い中、また年末でお忙しい中、

わざわざ小杉奈緒のライブに

足をお運びいただき、

本当にありがとうございました。

 

終わっていく時間、また新たに始まる時間があります。

でもそれは全て、つながっていく時間。

つながるものを大切に、日々を過ごしたいと思います。

 

みなさまが、また新たに紡がれる、素晴らしい2012年を

迎えられますように。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Dacia Freeburg (水曜日, 01 2月 2017 22:38)


    Awesome blog you have here but I was curious about if you knew of any community forums that cover the same topics discussed here? I'd really love to be a part of community where I can get suggestions from other experienced individuals that share the same interest. If you have any recommendations, please let me know. Bless you!

  • #2

    Harold Lettinga (木曜日, 02 2月 2017 03:45)


    Hello, Neat post. There is a problem together with your web site in web explorer, would test this? IE nonetheless is the market leader and a good portion of other folks will omit your excellent writing due to this problem.